品川近視クリニックの適応検査に行ってみた体験談【口コミ】

品川近視クリニック

医師による診察

医師の診察

検査技師さんのカウンセリングの後、医師による診察がありました。

品川近視クリニック東京院の院長先生に診ていただけました m(_ _)m

今回の適応検査の結果を確認しながら、自分にとってベストな視力矯正方法を相談させていただきました。

レーシックも可能だがICLも適応

品川近視クリニック適応検査の結果
医師の診察

院長先生に適応検査の結果を見てもらいながら、おすすめの視力矯正手術を提案していただきました。

自分の場合、屈折度数が7Dを超える強度近視ですが、角膜の厚さが十分にあるので、レーシックは可能ということでした。

ただ、やはり、角膜を削る量が結構あるので、ICLによる近視の矯正も考えてもいいかもしれないとのことでした。

自分としても、自分なりにいろいろと考えて、もともとレーシックよりもICLに興味を持っていたので、それならばやはりICLを検討したいという旨を院長先生に伝えました。

乱視用のICLはレンズ回転というリスクあり

医師の診察
乱視用のレンズは回転が怖い

ICLを前向きに検討したいとお伝えしたので、ICLの手術の流れや注意事項、合併症などについて詳しく説明してくださいました。

ICLの合併症で一番怖いのは感染症ということでしたが、術後1週間の入浴禁止や、保護メガネを常に着用するなどの注意事項を守れば、ほとんど起こることはないそうです。

それよりも、僕の場合、ICLの合併症として一番リスクが高いのはレンズの回転だそうです。

というのは、僕の場合、強度近視だけではなく強度の乱視もあるため、乱視用のレンズを挿入しんたいといけないのですが、乱視用のレンズというのは回転してしまうと一気に矯正が上手くいかなくなるそうです。

眼内に挿入したICLのレンズが回転してしまうことは殆どないそうですが、人によってはレンズが回転しやすい人もいるのだとか・・。

万が一、レンズが回転した場合はレンズの入れ替え&追加のレーシック

追加のレーシック

僕の眼内の虹彩や水晶体の構造やサイズをみると、そんなにレンズが回転するリスクは高くないということでしたが、万が一、レンズが回転してしまった場合には追加の対処が必要になることもあるということでした。

具体的には、乱視なしのレンズに入れ替えて、乱視の部分については、追加のレーシックで矯正するということが考えられるとのこと。

その場合、乱視なしのレンズに入れ替えるのは無料で対応してもらえるそうですが、追加のレーシックについては有料になるとのことです。

とはいえ、万が一、レンズが多少回転してしまったとしても、そこまで問題になることはないため、様子を見ることが多いということでした。

結論:まずはICLに挑戦してみる

品川近視クリニックの適応検査

ということで、品川近視クリニックの適応検査の結果、僕は強度近視&強度乱視ですが、角膜の厚さが十分にあるのでレーシックは出来るということでした。

ただ、日本眼科学会が定める屈折矯正手術のガイドラインの原則の上限は超えているため、若干リスクはありそうだな・・・と思いました。

>>日本眼科学会・屈折矯正手術ガイドラインはこちら

実際のところ、僕ぐらいの強度近視&乱視(近視 0.04、屈折度数 -7Dぐらい)でも、レーシックをしている人は多いらしく、そんなに問題になる可能性は低いとのことでした。

とはいえ、レーシックは角膜を削ってしまうため、一度削ってしまったらもう元には戻せません^^;

一方、眼内にコンタクトレンズを埋め込むICLであれば、角膜を削ったりする必要もなく、万が一、不具合が出た場合には、レンズを取り出せば元に近い状態に戻せる可能性があるとのことでした。

自分の場合、もともとレーシックで角膜を削るのには抵抗があったため、まずはICLに挑戦してみて、万が一、レンズの回転など不具合があった場合には、追加のレーシックで対応するというのが良さそうと思いました^^

ということで、品川近視クリニックの適応検査の結果を受けて、やはりレーシックではなく、ICLにて視力矯正手術に挑戦してみようと思います!

このブログでは、実際に僕が品川近視クリニックでICLの手術を受ける様子を詳細に口コミレビューしていきますね。

ICLの適応検査は1日では完了しないらしいので、後日、改めて追加の適応検査に行く必要があるとのことでした。

その様子もまた口コミレビューしていきますね。

品川近視クリニックの適応検査は完全無料!

品川近視クリニック

品川近視クリニックの適応検査は完全無料です^^

レーシックやICLなどの近視矯正手術を実際に受けるかどうかは関係なく、完全無料で適応検査だけを受けてもOKです。

適応検査を受けた結果、手術OKだったけど、やっぱりいろいろリスクなども考えて手術をしない・・・となっても、お金を請求されるようなことは一切ないので安心してください。

そのため、実際に手術を受けるかどうかは別にして、まずは自分がレーシックあるいはICLの手術を受けられるのかどうかだけでも、とりあえず適応検査を受けてみて調べておくとよいと思います^^

品川近視クリニックの適応検査は、こちらから簡単に予約できますよ↓

>>品川近視クリニックの適応検査の予約はこちらから

 

1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です