ICL手術後の注意事項!就寝時は眼帯で眼を保護して眠ること

ICL手術の眼帯

ノビタこんにちは。

イマサラレーシック管理人のノビタです。

ICL手術後の注意事項として、今回は就寝時の注意事項をご紹介したいと思います。

就寝時の注意事項なのですが、ICL手術してから1週間は、眠るときに特別な眼帯で眼を保護した状態で寝ないといけません。

ここでは、ICL手術を検討されている方向けに、ICL手術後一週間、実際に眼帯をどのように付けて寝ないといけないのか、写真も交えて詳細に解説します。

ICL手術後一週間は就寝時に眼帯で眼を確実に保護

眼帯

ICL手術後一週間は、就寝時、↑こちらのような眼帯を眼につけて、目を保護した状態で眠らないといけないらしいです。

というのも、眠っている間に、無意識に眼をこすってしまい、眼を傷つけてしまったり、術後の傷口から菌が入ってしまって、重篤な感染症を引き起こす危険性もあるから。

ICL手術は、眼球に3mm程の傷をメスでいれて、そこからICLのレンズを挿入しています。

汚い手で眼を触ってしまうと、その傷口から菌が入ってしまうリスクがあるため、ICL手術後の一週間は、起きている間はずっと保護メガネを着用しておく必要があります。

保護メガネだけだと、眠っている間に外れてしまう可能性があるため、眼帯をしっかりとサージカルテープで固定して、確実に眼を保護する必要があるということのようです。

ICL手術当日の眼の状態

ICL手術当日の眼の様子

ということで、ICL手術の当日の夜から、就寝時に眼帯で眼を保護してから眠らないといけません。

ICL手術当日の眼の状態は、上記写真のような状態でした。

白目の部分が若干赤くなっていますが、それ以外は特に異常はありません。

黒目の中には既にICLのレンズが入っているわけですが、外から見た感じではレンズが入っているようには見えませんね^^;

白目が少し赤くて痛々しいですが、痛みは全くありませんでした。

痛みの感じ方については個人差があると思いますが、少なくとも僕は全く痛みを感じてなかったです^^;

ICL手術後の眼帯の固定方法

ICL手術の眼帯
ICL手術の眼帯

ICL手術後の眼を保護するため、眼帯で固定していきます。

上記写真の眼帯の説明資料では、視界をさえぎるようにテープで固定していますが、これだと何も見えなくなってしまうので、視界をさえぎらないように固定した方がいいとのことでした。

一人で眼帯をつけるのは難しそうだったので、手術当日の夜は妻に眼帯をつけてもらいました。

(初日だけ妻に手伝ってもらいましたが、一人でも普通につけられるので、翌日以降は自分ひとりで固定しました)

眼にはめ込んでサージカルテープで固定

ICL手術後の眼帯の固定法
ICL手術後の眼帯の固定法

このように眼帯を眼のあたりにはめ込んで、サージカルテープで固定をしていきます↑

肌が脂っぽいとテープの粘着力が弱まってしまうので、テープで貼る前に、ウェットティッシュなどで顔を拭いた方がいいと思います。

ICL手術後1週間は、顔を水で洗うことも禁止なので、ウェットティッシュなどで顔を拭くしかないですね^^;

サージカルテープだけで十分に固定できる

ICL手術後の眼帯

こんな感じで眼帯を固定しました↑

テープでとめるだけで大丈夫なのかな??

って思いましたが、サージカルテープというのは、とても粘着力が高いみたいで、しっかりと固定することが出来ました。

ということで、眼帯できちんと固定した状態で眠りにつきたいと思います^^;

ICL手術後一週間は、毎晩こんな風に眼帯をつけないと思うと大変ですが、一週間後はメガネなしの裸眼で暮らせると思うと、しばらくの辛抱ですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です