ICL手術の体験談!品川近視クリニック東京院でICLを受けた感想・口コミ

ICL手術

ICLの手術後

ICL手術

ICLの手術はわずか30分ほどで終了し、そのまま自分の足でオペ室を退出します。

手術後はまだ視界は霞(かすみ)がかかったようにボヤッとはしているものの、霞の先の視界は手術前よりも明らかにクッキリとクリアになっていました^^

これでメガネとの生活ともさよならかと思うと、ちょっと感慨深かったですね^^

回復室での休憩

回復室で休憩

オペ室を出た後は、回復室というところに案内されて、そこで1時間ぐらい休むようにいわれました。

リクライニングチェアがあり、お茶やソイジョイが用意されていました。

普通はスマホなどは持ち込み出来ないと思うのですが、今回は手術中の撮影などもあったため、特別にスマホの持込を許可してもらっています。

1時間の休憩中は、なるべく眼を休めた方がいいと思うので、スマホなどはみない方がいいと思うのですが、1時間の休憩はとても長く、あまりにも暇だったのでチラチラとスマホを見ながら過ごしました^^;

ただ、とくに散瞳薬の影響だと思うのですが、とくに近くは見えづらく、スマホもほとんどまともに見れる状態ではなかったですね^^;

仕方なく、1時間はほぼ眼をつむってボーっとしていました。

トイレの鏡で裸眼の自分と初対面

ICL手術後の自分と初対面

でも、その後、1時間以上待っても、いっこうに何の呼び出しもなし・・・・。

もしかして忘れられているのではないかと不安になりました^^;

それよりもトイレに行きたくなってきてしまい、ずっと我慢していたのですが、もう限界・・・ということで、ナースコールを押して、看護師さんを呼びました。

トイレはクリニックの外ということで、手術室エリアを出て、一人でトイレに行きました。

トイレの鏡で、裸眼になった自分の顔と初対面^^;

この時点ですでに視力はかなり復活しているので、裸眼の自分の顔がはっきりと見えました。

よく考えてみると、メガネなしの自分の顔というのを、こうやってハッキリと見るのってはじめてなんですよね^^;

メガネなしの自分の顔をみて、やっぱり、自分はメガネをかけている方が良さそうだなと思って、会社では伊達メガネつけておこうと思いましたww

ICL手術後の診察

執刀医の名刺

トイレから回復室に戻る際、手術エリアに再び入るときに、自分の靴を靴箱に収納しようとしたのですが、看護師さんから強く止められました。

やっぱり、感染症などのリスクがあるため、靴など余計なものは触らせないということですかね^^;

回復室に戻ったら、そのまま執刀医の診察となりました。

執刀医の先生に眼の状態をチェックして頂き、3種類ぐらいの目薬を一気にさされました。

眼の状態を見る限り、とくに問題はないでしょうということなので、とても安心しました^^

明日、また翌日検診があるので、そこでまだ目の状態をチェックして頂けるとのことでした。

執刀医の先生の名刺をいただきました(上記写真)。

今回の品川近視クリニック東京院でのICLの手術は、眼科専門医の帯包敬太郎先生に執刀していただきました。

手術前の説明も丁寧で、術中も適宜声をかけて下さったり、とても安心してICL手術を受けることができました^^

ありがとうございました m(_ _)m

看護師さんによる術後の注意事項の説明

ICL術後の注意事項

執刀医の帯包敬太郎先生の診察の後、看護師さんより、術後の注意事項の説明を受けました。

ICL手術後の合併症や後遺症などを防ぐためにも、注意事項はしっかりと守る必要があります。

保護メガネは一週間常につける

保護メガネ

まず、ICLの手術後一週間は保護メガネを常につけておく必要があるそうです。

ICL手術後は眼球内に傷口があるため、そこから菌などが入ってしまうと重篤な感染症になるリスクがあるため、常に保護しておく必要があるということみたいですね。

保護メガネなのですが、透明はフレームで花粉症予防のメガネという感じです^^;

これで会社に行くとちょっと目立つので、出来ればもう少し自然な保護メガネが欲しいところですね^^;

黒いフレーム&透明レンズの保護メガネの用意は無い

ちょっと写真を撮りそびれたのですが、こちらの透明フレームの保護メガネ以外にも、黒いフレームの保護メガネもありました。

普段、僕は黒縁メガネをかけているため、黒いフレームの保護メガネの方が違和感がないかなと思ったのですが、残念なことに黒フレームの保護メガネはレンズも若干黒かったです^^;

さすがにサングラスをかけて会社には行くのはまずそうなので、仕方なく透明フレームの保護メガネを選びました。

出来ることなら、黒いフレーム&透明レンズの保護メガネも用意しておいてくれると嬉しいですね^^;

就寝時には眼帯をつける

ICL手術後の眼帯

また、就寝時には眼帯をつけて目の保護をする必要があるそうです。

寝ぼけて無意識に眼をこすってしまうのを防ぐためとのことでした。

保護メガネだと寝ている間に外れてしまうこともあるため、眼帯でしっかりと目を保護しておく必要があるようです。

ちなみに、上記写真だと、視界をさえぎるようにテープで固定してしまっていますが、実際に固定するときは視界をさえぎらないようにテープで固定してくださいとのことでした^^;

洗髪や入浴は一週間禁止

ICL日常生活の注意事項

また、洗髪や入浴も一週間禁止と改めて注意されました。

眼に水が入ってしまうと、感染症のリスクが高まるということなので、自分で髪を洗うのはダメとのことでした。

保護メガネをつけた状態で、美容院などで、顔を上にした状態で髪を洗ってもらうならOKらしいです。

また、一週間は湯船につかった入浴も禁止とのことです。

首から下の部分だけ、シャワーで洗うのはOKとのことです^^;

点眼薬など薬の説明

ベガモックス点眼液
ジクロフェナク点眼液

手術後の点眼薬など薬の説明も受けました。

手術前もしこたま目薬を指しましたが、手術後も引き続き、目薬を大量に差さないといけないみたいです^^;

とくに以下の3種類の目薬は、手術した当日は1時間おきにささないといけないとか^^;

しかも、この3種類の目薬を、1つずつ順番に5分ぐらいの間隔をあけて指さないといけないそうです。

1時間おきに、3種類の目薬を5分ずつ間隔をあけて差し続けるって、ものすごく大変なのでは???と思ったのですが、医師からの指示なので、きちんと守ろうと思います^^;

以上、看護師さんから、ICL手術後の注意事項について丁寧に説明を受けました^^

品川近視クリニックでのICL手術は全て無事に終了!

品川近視クリニックから見た有楽町駅前

品川近視クリニックがある有楽町イトシア13階から見下ろした有楽町駅前

看護師さんからの説明の後は、しばらく待合室で待った後、受付に呼ばれて、翌日検診の日程確認などをして帰宅となりました^^

上の写真は、帰宅時に有楽町イトシア13階から見下ろした有楽町駅前(東京国際フォーラム)です。

ICL手術直後で視界が若干ボヤッとしていましたが、メガネなしでも遠くがよく見えて感動しました!

結局、品川近視クリニック東京院に午前11時ごろに受付をして、ICLの手術がすべて完了して、クリニックを出たのは15時ぐらいでした。

大体4時間ぐらいかかった感じです。

帰宅中にマクドナルドに寄りました

マクドナルド有楽町イング店

15時ごろ、品川近視クリニック東京院を出て、そのまま、まっすぐ帰ろうかと思ったのですが、10時から絶食していてお腹がすごく減っていたので、帰りにマクドナルド有楽町店によって遅い昼ごはんを食べました^^;

手術後の15時ごろに目薬を差してもらったので、1時間後の16時には次の目薬をささないといけないと思ったのですが、空腹には勝てませんでしたね^^;

マクドナルド有楽町店で遅い昼ごはんをとった後は、まっすぐ帰宅しました。

まだ視界はすこしボヤッとしているものの、明らかに視力は回復しており、当然ですがメガネをかけなくても普通に歩けます。

ただ、手術直後のせいか、陽の光が眼にしみる感じがして、眼を開けて歩くのはちょっと辛かったです^^;

とはいえ、これまで約30年間、メガネなしでは全く何も見えなかったので、裸眼で普通に歩けるというのは、すごく感動しましたね^^

品川近視クリニック東京院でのICL手術まとめ

品川近視クリニック

以上、品川近視クリニック東京院で、ICL手術を受けた体験談に基づく口コミレポートでした^^

やらせなしで、写真も交えて詳細に口コミレビューしていますので、ICLの手術を検討されている方、品川近視クリニック東京院で視力矯正手術を検討している方は、きっと参考になったと思います^^

実際に、品川近視クリニック東京院でICL手術を受けてみた感想としては、痛みは全くないものの、超怖かったということですね^^;

ICLの手術は超怖かったですが、片目わずか10分ぐらいであっという間に終わりましたし、手術直後から視力が回復してすごくよく見えるようになりました^^

手術や散瞳薬の影響もあり、手術当日はまだ視界が少しボヤっとしていますが、翌日以降はきっと回復していくと思います。

ICL手術翌日の様子や、一週間後、1ヵ月後、半年後、1年後と詳細にレポートをしていきますので、ICL手術を検討されている方は引き続き是非チェックしていってくださいね^^

品川近視クリニックのクーポンをお渡しできます

品川近視クリニックのクーポン

ノビタ品川近視クリニックでICLやレーシックなどの視力矯正手術をするつもりであれば、割引クーポンは絶対に持っていったほうがいいです。

お知り合いに品川近視クリニックで手術を受けた方がいらっしゃれば、その方にクーポンを貰えばいいと思いますが、もしもそういう方が回りにいなければ、僕からクーポンをお渡しすることも可能です!

もしも品川近視クリニックのクーポンが必要であれば、こちらから僕にご連絡をくださいね↓

>>品川近視クリニックのクーポンが必要な方はこちら

この割引クーポンをみせるだけで、手術料金から数万円は確実に安くなるので、ものすごくお得になります^^

また、ICLやレーシック手術を受けるかどうかまだ決めていないという場合も、とりあえず適応検査だけでも受けてみることを強くおすすめします。

適応検査は完全無料ですし、手術をうけなかったとしてもお金は一切かかりません。

とりあえず自分がICL手術やレーシックを受けられるかどうかだけでも、適応検査で調べてみるとよいと思いますよ^^

品川近視クリニックの適応検査はこちらから予約することができます↓

>>品川近視クリニックの適応検査はこちらから

1 2 3 4

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です